イラスト

ちいさいおうち|クレヨン画(オイルパステル)の練習|Procreate

ちいさいおうち|クレヨン|Procreateちいさいおうち|クレヨン|Procreate

幼稚園児でも使うような、なじみのある画材、クレヨン。

オイルパステルとも呼ばれ、厳密にはクレヨンとオイルパステルは違うものなのですが、日本の学校や幼稚園では「クレヨン」が有名。

だけど、本格的に絵を描こうと思うとき、クレヨンを選ぶ人って少ないのではないでしょうか。

そんなクレヨンを存分に活かした、子どものような勢いのあるイラストを真似して練習してみました。

created by Rinker
¥1,760
(2019/12/15 20:24:58時点 Amazon調べ-詳細)

はみ出してもかまわない、それが味になる…絵を描くことの楽しさを思い出させてくれますね。

ちいさいおうち|イラストデータ

  • iPad & Apple Pencil
  • 使用アプリ Procreate
  • 使用ブラシ 鉛筆(6B)、オイルパステル、細書き(エッチング)

「クレヨンブック」はアナログのハウツー本なので、Procreateでの描き方は見よう見まね。

まずは練習ということで、簡単に描けるモチーフを選びました。

凝った構図よりも、1点どーんと描くほうが、クレヨンの特性に合っています。

ライト
ライト
繊細な描写は向いていないもんね。

どのパーツも、レイヤーを2つに分けて、重ねて塗って厚みを表現しています。

例えば、屋根ひとつでも、ノーマルな赤と濃いめの赤を、レイヤー別に塗っています。

イラストの手順

まずは、鉛筆(6B)で大まかに下書きをします。

最終的には、この下書きのレイヤーは非表示にするので、あまりきれいに描かなくても大丈夫。

主線なしでも絵が成立するように、クレヨンをしっかり塗り込みます。

主役のおうちが、背景と同化してしまわないように、メリハリをつけて。

私は、どうしても濃い色や太い線を描くのにためらいがあって、変になったらどうしよう…って思っちゃうので、ちょっと勇気がいります。

背景色は、画用紙っぽく薄いクリーム色にして、ノスタルジックな雰囲気に。

細書きの白で、エッチングを表現

クレヨンを厚く塗ってから、表面をシャーペンなどで引っかいて、下地の紙の色を活かす画法を「エッチング」といいます。

おうちの窓や、屋根の模様、鳥の羽のところなどの、白く細い線は、ブラシ「細書き」の白で描いています。

エッチング部分だけを修正したくなったときのために、白い線は別レイヤーにしておくのがおすすめ。

シーア
シーア
失敗してもやり直せるのが、デジタルの良さだもんね。
はみ出すのって、難しい。

「クレヨンブック」の著者の米津祐介さんは、ダイナミックな画風。

下書きの鉛筆の上から、淡い色のクレヨンをゴシゴシ塗って、黒をにじませたり。

主線を大幅にはみ出して塗ったり。

一見、自分にも描けそうな気がしちゃうんだけど、案外難しいんです。

私はどうしても、はみ出したところを消しゴムで修正したり、線の端っこまで処理まで丁寧に描いたりして、お行儀よくまとまってしまう。

味のある「はみだし」と、本当に変な「はみだし」は違うと思っていて、自分は変な「はみだし」しかできていないっていう思い込みが強い。

私は決してオドオドした性格ではなくて、他のことなら割と自信あると思っているくせに、絵に関しては、いつも「自分よりもっと上手い誰か」に怯えてしまう。

シーア
シーア
殻を打ち破って、いろんなタイプの絵が描けるようになりたいな。

学生時代は、ソフトパステルがメイン画材でした。

パステルとクレヨンは、似ていると思う方も多いですが、実はまったく真逆と言ってもいいくらい異なるもの。

パステルは水性で、塗ってから指でぼかしたり伸ばすことができますが、クレヨンは油性で、原則的にはぼかすよりも紙に厚塗りする画材。

どちらかというと、油絵に近いイメージで、実は奥が深いんです。

クレヨン画、ときどきは練習してみます。

Procreate
1,200円
(2019.06.09時点)
posted with ポチレバ