イラスト

リアルねこあつめ|写真をトレースしてゆるふわイラストに|Procreate

190617|リアルねこあつめ|Procreate190617|リアルねこあつめ|Procreate

我が家では犬を飼っていますが、猫も大好きです。

特に、10歳の次男は、圧倒的に猫派!

うちの近所には、猫たちがたくさんいて、人間と共存しています。

なかなか近くで写真を撮らせてくれない子も多いので、遠くから撮った写真を活かして、パステルでふわっと描きました。

下町っぽくて、ゆるくてかわいい雰囲気になりましたよ。

リアルねこあつめ|イラストデータ

  • iPad & Apple Pencil
  • 使用アプリ Procreate
  • 使用ブラシ 鉛筆(6B)、ソフトパステル、Crusty Old Brush2(タイトル文字)

猫たちの写真は、iPhoneで撮影したものを元にしています。

ですが、遠くてちっちゃくしか写っていなかったり、思ったような表情じゃなかったり…

よりかわいく、猫たちの魅力を引き出せるように、多少デフォルメしながら描きましたよ。

特に、猫の目は、写真そのままだとちょっと怖いので、優しく見えるように工夫しました。

イラストの手順

線画は、鉛筆(6B)で描いています。

すべての色は、「スケッチ」の中にある「ソフトパステル」で塗りました。

かっちり塗りつぶさず、余白を活かしています。

リアルねこあつめ|レイヤーとトレース|Procreateリアルねこあつめ|レイヤーとトレース|Procreate

Procreateでは、左上のスパナマークから、写真データが取り込めます。

取り込むと、ちゃんと別レイヤーとして入ってくれるので便利。

元にした写真は、拡大したり、場所を移動させるなど、適宜調整します。

その上に、別のレイヤーを重ねて、鉛筆(6B)でなぞっていきます。

きっちり輪郭をとらず、あえてラフな感じで。

パステルで色を乗せていくときも、線画とは別レイヤーにしておくのがおすすめ。

色は、元の写真からスポイトツールでとって、多少調整しながら塗っています。

レイヤーの統合

猫の線画と色塗りが終わったら、レイヤーを統合しておくといいですよ。

猫の配置をバランスよく整えるとき、線画と色が一緒に動いてくれた方が都合がよいので。

背景色はベージュに

背景色は、白ではなく、ベージュのような薄い色をつけています。

こうしておくと、色画用紙に描いたみたいなアナログ感が表現できますね。

背景の四隅や、猫のいない部分には、さらにベージュのソフトパステルを重ねています。

次男は本当に猫が好きで、うちで犬を飼う前から、「猫を飼いたい」と言っています。

うちのミニチュアダックスのライトは、保護犬出身。

もし、猫を飼うとしたら、保護猫の里親になるっていうのもいいなぁ…と妄想しています。

うちの犬と仲良くしてくれる猫ちゃんじゃないとダメだけど…いつか、いいご縁がやってくる日がくるかな?

Procreate
1,200円
(2019.06.09時点)
posted with ポチレバ