Procreate

Procreate|塗りつぶし(ColorDrop)で、簡単&ラクに色塗りをしよう

Procreate(プロクリエイト)には、主線で囲まれた部分に簡単に色をつける方法があります。

Procreate内では、ColorDrop(カラードロップ)と呼ばれていますが、その名前がアプリ内に書かれているわけではないので、わかりにくいかもしれません。

他のお絵描きアプリでは、「バケツツール」などと呼ばれています。

シーア
シーア
ジェスチャー操作で使用できるので、覚えておくと便利ですよ。
ColorDropはこんなときに便利
  • パーツごとに決まった色に塗り分けたいとき
  • 先におおまかに色をつけてから描き込みたいとき
  • 主線をはみ出さずに色を塗りたいとき

イラストを描く時間が短縮できる機能なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Procreate
1,200円
(2019.06.09時点)
posted with ポチレバ

Procreateのバケツツール|ColorDrop(カラードロップ)の使い方

Procreate|ColorDrop(カラードロップ)で塗りつぶす方法Procreate|ColorDrop(カラードロップ)で、簡単に塗りつぶすことができます。

ColorDropは、Procreateの右上にある、カラーアイコンをドラッグ&ドロップすることで使えます。

指を離してドロップした箇所が、指定の色で塗りつぶされます。

うまくいかないときは…

思ったような場所に色を入れられないときは、拡大させてみたり、ドロップする箇所をちょっとずらしてみましょう。

また、デフォルト設定の場合、カラーアイコンを長押しすると「ひとつ前の色」に戻ります。

私はよく、前の色に戻しちゃって「あれっ、この色のはずじゃなかったのに…」と戸惑っています。笑

しきい値を変更して、塗りつぶす範囲を調整

線画で囲まれた範囲を塗りたいのに、どうしてもはみ出してしまうことがあります。

主に、線画が細いところや、線が閉じていない箇所があるのが原因。

そんなときは、ドラッグしたまま、指を離さずにホールドしていると、絵の上部に青いバーで「しきい値」が現れます。

そのまま指を左にスライドさせると、しきい値の数値が下がり、塗りつぶしたい範囲になったところで指を離せばOK。

シーア
シーア
ただ、私はあまりしきい値の操作がうまくできません…。

しきい値を調整するより、線画レイヤーに戻って、線を多少太くしたり、隙間を埋めています。

そのあと、改めてColorDropした方が、結局早いし、仕上がりがキレイです。

絵のテイストによっては、線をはっきりさせずに描く場合もありますが、その際はColorDropよりもエアーブラシでふんわり塗ったほうがいいですね。

ライト
ライト
いろいろ試してみてね。

【応用編】線画レイヤーを「基準」に設定して、レイヤーごとに塗る方法

Procreate|線画を基準にして塗る方法Procreate|線画を基準にしておけば、別のレイヤーにもぬりつぶすことができます。

ColorDropは、同じレイヤー内でももちろん使えますが、レイヤー間でも塗り分けが可能です。

線画レイヤーを選択して、メニューから「基準」をタップします。

「基準」の横にチェックがついたらOK。

基準にしたレイヤーにある線画をもとにしながら、別のレイヤーを塗りつぶすことができます。

塗りつぶしたいレイヤーが、基準レイヤーより上でも下でも大丈夫。

基本的に、レイヤーは細かく分けておくことをおすすめします!

線画と色のレイヤーが別になっていると、あとから色を重ねたり、影を作ったりするときに修正がききやすいですよ。

カラードロップしたあとの微調整で、キレイに仕上げよう

Procreate|カラードロップしたあとの隙間カラードロップしたあと、線画と色の間に隙間ができることがあるので注意!

カラードロップでしっかり塗りつぶせたと思っても、拡大してよく見ると、線画と色の間に空白ができていることがあります。

イラストをキレイに仕上げるために、別のレイヤーを重ねて影をつけながら、この隙間を埋めていきましょう。

線画レイヤーを一番上(手前)に持ってきておくと、色を重ねても線が薄くならずにすみますよ。

細かいところまでもれなく塗って、イラストの完成度を上げていきたいですね。